2010年07月11日

薬師寺ライブ2日目。

Image015.jpg

本日も住職さんのご挨拶から始まりました。
パワーの元がお守りなんですけど、奈良の枕詞「あおによし」にちなんで、(あおは青、には赤ということで)青と赤のお守り買ってくださいと。堂本さんも買いました、と本日もお守り宣伝ありました。笑。
あれ?昨日は緑と赤だったのに青???と混乱しましたが、住職さんの手には緑と赤のお守りがあり。あお=緑てことだったようです (;゜∀゜)


剛さんの左手の甲、親指と人差し指の付けねの間のとこに何か黒いものが書かれてました。ちなみに昨日は気づかなかった。


本日のMCは曲紹介にちなんだものがほとんどでした。剛さんのお母さんのお話も多かったです。


昨日に引き続き奈良についてのお話もありました。奈良は求める場所ではない、自分で決める場所=ご縁であると。このご縁がご先祖さまのお導きなんだそうです。何度聞いても深いお話です。


春涙の後のMCにて。真面目な話で終わるかと思っていたら突然「話めっちゃ変わるけど」と、いきなりの前フリ。笑。
客席に向かってハイヒールの人がどれだけいるか集計し、「ハイヒールてマンホールの穴にはまるもんなんですか?」と。その質問に会場では「はまる」との声多数。それを見て剛さんは「ハイヒールあるあるなんですね」
「(ドラマでハイヒールが穴にはまるのを)そんなもんあるかと思ってたんですけど、あるんですね」とすごく納得してました。笑。
奈良ではハイヒールは不向き→芝生にはまるからだそうです。
また奈良では紙袋も危ないそうで、鹿が奪いますからと。ビニールは腸がつまって死んじゃうので鹿せんべいのみでお願いしますとお願いありました。
観客に向かって「(奈良には)今日も明日も明後日も1ヶ月滞在していただいてもいいと思います」と奈良アピール。さすがは観光大使(・∀・)b


自己紹介は「奈良の〜、奈良の流星のごとく現れた堂本剛です。よろしく」でした。
剛さんは奈良のテーマは「空」だと思ってるそうで「奈良は空だったり宇宙だったり」と語ってくれました。
たしかにライブの2日間、空が大きなスクリーンでライブを演出しているように錯覚するほど、ステージと一体化してました。


本日のリハーサルにて、剛さんがステージに足を踏み入れた瞬間、西側に虹がかかったんだそうです。「僕が(ステージに)出ていったのがきっかけみたいな感じで(虹が)出た」と剛さん。更に剛さんから虹は中国語で龍というと説明あり。
龍王さまパワーなんですかね〜。もうなんかいろいろ、すごすぎます(o゜∀゜o)


最後のご挨拶は昨日と違ってあっさりめでした。「音が出せないので静かに話します」みたいな説明ありました。
私の席からは弥勒三尊像に一礼する剛さんは見えませんでしたが、中に入って大講堂中を去るまでにけっこう長い時間があったので、前日に引き続きとても丁寧な一礼だったと思われます。


終了時間は20時40分ちかく。両日とも去年より30分間も時間が長くなってます。これって薬師寺さんの粋なはからいなんですかね。ありがたいことです(o´∀`o)
posted by 鬼平 at 22:43 | Comment(0) | 剛さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。